第2回杉並旧裏杯に行ってきました

f:id:godan_note:20191105232837j:plain

11月2日に開催された「第2回杉並旧裏杯」。
いつものごとく顔を出してきたので、男もすなるオフレポといふものを簡単に書いていこうと思います。

 

まずは試合会場へ。
開催場所は毎度おなじみ「セシオン杉並」さん。いつもありがとうございます。

 

本戦が始まるまでは各々フリー対戦やらトレードやらで好きなように過ごします。
だいぶ時間もありましたので、筆者も何戦か嗜むことに。
お相手は「レックウザ(PCG)」を使ったデッキ(!?
実はカードパワーが旧裏面とあまり変わらないので、意外にも実力が拮抗してしまうのです。
こちらは「古代ミュウ」+「ナツメのフーディン」デッキで勝負。
異種格闘技めいた独特な楽しさがありました。

f:id:godan_note:20191105232843j:plain

 

続いて別の方と2戦目。
彼は『スター☆トゥインクルプリキュア』をモチーフにしたデッキを多数開発している恐ろしい使い手です。怖いですね。

【ポケモンカード旧裏】デッキ紹介『ひかるのキラやば~☆オールスターズ!デッキ』
f:id:godan_note:20191105232840j:plain

 

 

 

……ん? そんな人が他にもどっかにいたような……?

 

 

 


f:id:godan_note:20191105232853j:plain

何を隠そう筆者もオタクデッキ記事を過去に作成していました。
こちらも負けじと「マジハンパないオムスター」デッキを繰り出し、いざ限界オタクバトル。

ちなみに、現在の構築は執筆当時から少しだけ変更しています。

ポケモン:19枚
タケシのロコン 4
タケシのキュウコン 4
オムスター(プロモ) 3
オムスター(neo2)
ビリリダマ(拡張シート) 3
マルマイン(第1弾) 2★★★★
ドードー(第1弾)
ドードリオ(ジャングル)

・トレーナー:31枚
オーキドはかせ 4
ウツギはかせ 4
エリカ 4
クルミ 3
ポケモン交換おじさん 4
礼儀作法 2
夜の廃品回収 2
ワープポイント 2
プラスパワー 3
ミニスカート ★★★
おうごんのみ ★
エネルギースタジアム

・エネルギー:10枚
水エネルギー 10

 

なんやかんやで午後に入り、いよいよ本戦へ。
今回使用したのは超がつくほどのテンプレデッキ「わるマタ」です。

ポケモン:16枚
ドガース(拡張シート) 4
わるいマタドガス 4
タケシのロコン(ジム拡張1) 4
タケシのキュウコン 3
マタドガス(化石)

・トレーナー:33枚
オーキドはかせ 4
ウツギはかせ 4
エリカ 4
クルミ 4
ポケモン交換おじさん 2
礼儀作法 3
夜の廃品回収 3
エリカの親切 3
リサイクル 3
突風 2★★★★
抵抗力低下ジム

・エネルギー:11枚
草エネルギー 7
鋼エネルギー 4★★★★

 

2ターン目から馬鹿みたいな火力で攻撃しに行けるので、よくわからないデッキを踏んでも対応できるかな?と思っての選択。
特殊能力「ぶんれつ」のおかげでワンキルされにくいのもいいですね。

 

1戦目:ういさん

こちら「タケシのロコン」スタートに対し、お相手は「エリカのマダツボミ」で試合開始。
こちらは順調にドガースを並べてサイドを取っていきますが、お相手は「ポッポ(拡張シート)」を育てるばかりで一向に殴ってきません。
何かおかしいと思いながらも、とりあえず攻撃を続けます。
このまま勝ちかと思いかけましたが、お相手も「ピジョット(ジャングル)」に鋼エネルギーを3枚つけ、ようやく出撃。
こちらのポケモンを次々と手札に戻していきます。

 

気が付けば、こちらの盤面でエネルギーがついているポケモンはなんとゼロ。
ずっと優勢に試合を運んでいた筆者ですが、ここでようやく事態の深刻さに気付いてしまいました。
どうやらエネルギーがついたポケモンを「エリカのウツボット」で片っ端から引きずり出し、ピジョットで全てバウンスするデッキのようです。
「手札に戻すだけじゃ勝てへんやろ」と思うかもしれませんが、この手のデッキには必ず搭載されている必殺技があります。

それが「くすぐりマシーン」+「にせオーキドはかせ」のコンボ。
簡単に言えば、山札が7枚以下になった時点で問答無用で負けになるという滅茶苦茶に極悪な組み合わせなのです。
山札がなくなるまでにどうにかしてピジョットを倒さねばならないのですが、ロックが綺麗に決まったこの状況では中々に難しい……。
「タケシのロコン」で眠らせながらエネルギーを分散して貼り、どうにかして後続を育てるしかありません。

 

包囲をかいくぐり、ついにフルパワーの「わるいマタドガス」にエネルギーを2枚貼ることに成功。
ピジョットを攻め落とし、なんとか勝ちを収めることが出来ました。
だいぶ運に助けられた試合だったように思います。

 

2戦目:燧の宮(ひうちのみや)さん
f:id:godan_note:20191105232846j:plain

次のお相手は「バクフーン(neo1)」+「マグカルゴ」。
無限に火力を出せて燃費もいいマグカルゴを、バクフーンで援護するデッキです。
一度完成してしまうと手がつけられませんが、その分立ち上がりも遅いのが欠点。
序盤から積極的に叩きに行けるわるマタなら有利に戦えるでしょう。
無事先攻も取り、いざ開戦。

 

……2ターン目にして早速事故りました。
タケシのロコンで粘りながらドローソースが来るのを待ちますが、その間もお相手の盤面は着々と整っていきます。
ようやく動き始めた頃には時すでに遅し。
「ブビィ(neo1)」「ププリン(neo2)」が控えているために「タケシのキュウコン」を使うこともままならず、打点が足りません。
順当に一匹ずつ潰され、そのまま負け。

 

3戦目:KGさん
f:id:godan_note:20191105232856j:plain

お次はニドリーナデッキとの対戦。
これはニドランを大量に並べることでダメージが増える「ニドリーナ(拡張シート)」を主軸に、序盤から猛攻をしかけるデッキです。
わるマタデッキとかなり似たタイプですが、先攻を取れた分こちらに分があります。

 

相手のバトル場には「ピチュー (neo1)」。
それなりに特殊能力を使うわるマタにとって少々厄介なカードです。
なるべく早く処理したいところですが、無事1発で仕留めることができました。

 

ところが、安心したのも束の間、お相手は「エネルギーリムーブ」によってエネルギーを剥がし、有利不利を逆転。
こちらの攻め手が潰され、一気に劣勢に陥ります。
タケシのキュウコンを壁に後続を育てる醜いプレイングで対抗しますが、「突風」「エネルギーリムーブ」「まきちらせ!ベトベトガス」でことごとく刈り取られ、反撃を許してくれません。
やはり順当に一匹ずつ潰され、敗北。

 

4戦目:よしのんさん
f:id:godan_note:20191105232833j:plain

最後の相手は「サカキのギャラドス」+「キングドラ(neo3)」デッキ。
相手を強制的に交代させられる大型ポケモンを二枚構え、小技も大技も使いこなす隙のなさそうなデッキです。
ギャラドスに対して弱点を突けるので、そこをとっかかりにしたいところ。

 

お相手の初手は「サカキのコイキング」。
コイン次第ではありますが、1ターン目から40ダメージを叩き出せる恐ろしいカードです。
マタドガスに鋼エネルギーを貼っても、2回連続で当たると気絶してしまいます。
なんとか避けてくれるよう祈っていたところ、幸運にも2発目を外してくれました。
ここで生き残ったのが非常に大きく、そのまま相手ポケモンを全て倒し、無事勝利。

 

 

これにて全試合が終了。
優勝は「ストライク(拡張シート)」+「わるいクロバット」を使ったみけるさんでした。おめでとうございます。

 

ちなみに筆者は、最終的に2勝2敗の13位でした。
なんとも言えない戦績ですが、強豪揃いの中でこの順位なら中々いい方ではないでしょうか?(ほんまか?

 

反省点としては、ぶん回して速攻することしか考えておらず、劣勢時に使うカードを全部切ってしまったところがよろしくなかったかと思います。
リサイクルがまるで仕事しなかったので、ここを抜いて「学習装置」「ワープポイント」「スピアー(neo2)」あたりと入れ替えればいい感じになりそうです。
2戦目のお相手からは「マンキー(ジャングル)」をお勧めしていただいたので、そちらも検討してみたいところ。

 

長い一日が終わり、これにて閉幕。
朝から晩まで、いつもながら楽しい集まりでありました。
主催の708さん、並びに参加してくださった皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

 

おまけ
f:id:godan_note:20191105232905j:plain

 旧裏老人特有の異種トレード現場